2018-03-25 12:40 | カテゴリ:うちの子たち
お花をありがとうございます。
沢山届いております。
華やかです。感謝。
fc2blog_2018032512435409a.jpg
fc2blog_20180325124414a96.jpg
fc2blog_20180325124435d37.jpg

義母さま、
らんママ、
華ちゃんパパママ、
まるふくさん、
卒猫のママでもあって仕事の先輩のYさん
どなんのママ
届けてくれてありがとうございます。

あこさん
テンジャンさん、
卒犬のんちゃんのママ、
猫の手さん、
卒犬アビーママ
チョン母
Sさん

お花をありがとう


ありがとうございました。



親友のすーから“おりん”が届きました。
DSC_0033_20180321123408e1e.jpg

最初????ナニコレ?って思っちゃった(笑)
最近の仏具事情はすごいですね。オサレ。
そしてとても尊い音色がします。

ありがとね~。

さて、
あけびさんの大量の写真を差し込みますので、長いのですが、気長にお付き合いください。
年齢順にはなっておりません。バラバラですが、

亡くなる前日のお顔。

穏やかでなんだか子犬の時の目だなって思ってのを覚えてます。



死後の写真を撮るのは嫌いですが、一枚だけ。
DSC_0015-001_201803211231167fe.jpg



あけび初七日を無事終えました。
たまに飼い主を守る守護霊になる子も居ると聞いたことがあるので
あけびには好きにしなさい、新しい生を生きてもいいし、あなたの好きにしていいよと
伝えました。伝わったか不明だけどw
SN320444.jpg

随分前から、食欲は落ちていました。
2月に入ってからは、ドッグフードは特に嫌がり殆ど食べませんでした。

RIMG0044-2_20180321112854fa4.jpg

唯一鹿肉フードと、パンは食べてくれていたので
ヨーグルトを塗ったトーストと、お肉や野菜のスープで過ごしていました。


P1010029.jpg

しんえもんのお見合いが入り、
そして1週間で無事に正式譲渡になった直後から
IMG_2474.jpg

一切、自分でご飯を食べることをやめてしまいました。
DSCN7618.jpg

強制給餌をしていましたが、散歩には短い距離ですが行って
排泄も毎回出ていました。

DSC_0178_201803211126024ad.jpg

ただただ、穏やかな顔で寝ている日々。

あ、そっか。もう終わりの準備に入ったのだなと、
DSC_0145_20180321112600ca7.jpg

実家でも食べず寝てばかり。
私の親にも「会うのが最後になると思うよ」と伝えました。

DSC_0111_20180321112559e37.jpg


強制給餌ではあったけど、ちゃんと飲み込み食べてくれていましたし、
水は自分で飲みに行ってました。
DSC_0098-001_20180321112513b3d.jpg

15日ぐらいから、食事の数時間後にたまに吐くように
17日夜からはひどく吐くのを繰り返していました。
もうあまり食べてないのに。

DSC_0094_201803211125116bb.jpg

18日に朝病院に行き、積極的な治療は望んでいません。
脱水防止の点滴と吐き止めだけお願いしますと伝え
点滴をして頂きました。

DSC_0079_201803211125108bd.jpg

心臓が悪いので点滴の量はこの体重の子の半分ぐらいで
入れて頂き、
吐くことが収まりホッとして、

DSC_0077-3.jpg

本格的な介護の準備をその日に一気にすませました。
おむつの用意。介護ベットの準備。などなどなど。

DSC_0051-4_2018032111250740c.jpg

そして20日のAM2時過ぎに
あけび、死んだかも、と旦那に起こされまして

DSC_0050_20180321112455996.jpg

慌てて下に降りてあけびが逝ったのを確認しました。

DSC_0046-002_201803211124530aa.jpg

今までの介護の経験から、もう少し頑張ってくれると思っていたので
ちょっと呆然としました。

DSC_0023-8_20180321112452ff2.jpg

口の中の粘着きなどから
先生も内臓、腎臓ではないか?とのことでした。
何にしても、この年ですので、回復の見込みは無かったと思います。

DSC_0022-4_201803211124505f1.jpg

あと少しで今年度の仕事が終わり、休みが少しあるので
そこでじっくり介護して、なんて思っていました。

DSC_0022-003_20180321112449dad.jpg


実は、次の子が来ることが3月最初には決まっていて、
仕事の状態などから預かるのは3月後半にしました。

190512marr079.jpg

あけびの体調が心配だったけど、しんちゃんも決まったし、休みもあるし
その予定は変えませんでした。

CIMG0570.jpg

その子が来る週の初めに、あっという間に逝ってしまって
あーこの子はまた、私に気を使ったのね、と思いました。

CIMG4791.jpg

しかも新年度から職場の移動があることが、あけびが亡くなってから分かりました。
きっと
私が大変になるのが分かっていたのでしょう。

DSC_0013-2_20180321112431093.jpg

前世での恩を返すため、私を手助けるために
我が家に来たと、言われたことがある子でしたが
そこまで気を使わなくてもよかったのに。

DSC_0013_20180321112430ca3.jpg


もう充分すぎるぐらい恩を返してもらったので
自由にしてもらいたいなって思ってます。


今、心は晴れやかです。


でも今年の桜を一緒に見たかったな。
TS3K0029_20180321112856cc6.jpg



コメント有難く読ませていただいてます。
返信できずすみません。

気にかけて下さった皆様、
お花を届けて気ださった皆様、送ってくださった皆様
ありがとうございました。




今はまだ意識と無意識が混在した状態で
悲しみもあまり感じておりません。
なんでだろ?
一歩や二葉や艶子の時の苦しい悲しみが襲わない。

まぁ分からんな、この後じわじわ来るのかな。


でも一息つきましたら、通常営業に戻ります。

あけびも心配しちゃうしね。


新入りも到着しております。
次回ご紹介しますね。

2018-03-19 16:14 | カテゴリ:うちの子たち

ライナスの毛布のように、常にそばにないと、

触っていないと落ち着かない

そばにあるのが当たり前。

そんな私の
ライナスの毛布、あけび。



あけび 永眠しました。

13歳8ヶ月




最後まで飼い主思いの
出来すぎた次女でした。
2017-10-08 16:21 | カテゴリ:うちの子たち
★本当の家族募集中です★

※お申し込み前に再度募集要項など、
ミルコに関しての記事を必ず読んでからお申し込みください。

シェパードMIX『ミルコ♀』約1才



しんえもん。石垣島からやってきた天然わんこです(色んな意味で)



はるかちゃん募集開始しました。





全然心配してなかったけど、Cocoちゃん正式譲渡です。

ココちゃんをこのまま家族と一緒に暮らしていきたいです!
返す気は全くありません。
まだ1週間しか立っていませんが、もう家族の一員みたいです。
本当にいい子で、本当に幸せです。
いろいろとありがとうございました!!



犬に家族が出来て幸せになる、
でも、実は家族が幸せをもらってるって
あるあるですね(笑)

楽しく暮らしてくださいね!


さて、写真に撮ると年齢が出るのは犬も一緒。

あーちゃん顔が真っ白だね。
DSC_0013-004_201710081011417c8.jpg

涙ヤケが目立つね
DSC_0010-006_201710081011400ad.jpg

茶色の子も白髪が目立つね
DSC_0007-006_20171008101138b4d.jpg


みーちゃんは元気ですが、実は生まれつき小肝症だったことが
この年で判明(汗)
肝臓のGGT数値が高く29(正常値0~7)
症状がまったくでなかったので、血液検査も一番基本的な項目にGGTが入ってないので
見逃してた感じです。

胆泥症の診断も出て、発作以来、美味しいものしか食べませんになってるみかんさん。
いつも鹿肉フードでなんとか食いつなぎ、それでも18キロあったのに
17キロを切ってしまっております。

食べたいけどおいしいものだけってわがまま婆さんになってまして、
でも胆泥症は、油、肉などはある意味ご法度。

うーむと頭を悩ませておりますが、先生も今まで症状が出てなかったこと、
何よりこの年齢なので無理な食事制限で体力が落ちてしまうことも方が心配とのことで

なので、一応ロイヤルカナン 消化器サポート(低脂肪)と鹿肉フードを
混ぜながらでもやっぱりさかなやお肉を入れないと食べないので
鳥麦粥、魚麦粥と一緒に食べさせて、お薬飲みながら様子見です。

カナガンもいいらしいので、ちょっと検討中。
まぁ
この年なので、美味しいものを食べて欲しい気持ちが強いです。
長生きより嬉しい楽しい美味しいを優先させます。

我が家はそういう家なので。

そんなこんなで老犬たちは運動会シーズンですが
まったく走ることなくそれなりに過ごしてます。

子犬が出てまったり中って感じかな。

こいつもね
DSC_0006-007_20171008101137e2c.jpg



ポチっとお願いします★
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

里親募集ランキング
2017-09-12 10:53 | カテゴリ:うちの子たち
又三郎の時や、子猫たちの時にご寄付を頂いた
Hさまは我が家から近くの方で、FIPの子猫を看取ったそうで、
フードなどのご寄付を届けてくださいました。
DSC_0011-002_201709120955585be.jpg

美味しい桃まで・・・・(もう1個しか残ってないけど)
DSC_0010-002_20170912095557a42.jpg

Hさんありがとうございます!今度飲みに行きましょうね!


★本当の家族募集中です★

※お申し込み前に再度募集要項など、
ミルコに関しての記事を必ず読んでからお申し込みください。

シェパードMIX『ミルコ♀』約1才



しんえもん。石垣島からやってきた天然わんこです(色んな意味で)








麦雨→トライアル中





消えた・・・・書いて保存していた記事が。。。。。。

こんな平日のこんな時間にブログ更新。
ふふふ・・・

ぎっくり腰でお仕事お休みを頂いております。
やることいっぱいで忙しいのになあ。。。。


コルセットしてると少し楽。
前回は1週間ほどで痛みが取れたけど、今回はどうかな。
絶対運動不足だな・・・・この夏は家にこもってひたすら授乳と世話だったし。
チビたち出たら山に行かねば。

チビたち首輪デビュー
kubiwa-001.jpg

あんちゃんはスター柄でとろちゃんはドット柄。

黒の子って赤が似合うんだよなぁ。
DSC_0017-001_201709120955594fb.jpg

うーん。黒ってば・・・・写真、黒って難しい。

あんちゃんのお届けがちょっと先になりました。
嬉しくてすっかり仕事の予定を忘れていたみたい?かな?(笑)

もうちょっと2匹でじゃれさせたかったので我が家としては問題なし。
ちょうどいい感じかなって思います。
生後約2ヵ月でお届けできるし。

あんちゃんはちょっと食への執着が強いです。
姉妹で結構本気の喧嘩になるけど、ご飯が絡んだ時は
全部あんちゃんが喧嘩を売ってます(笑)
お皿を二つでご飯をあげると、自分だけ大急ぎで食べて
とろみつのを狙い、トロが怒ると逆切れで喧嘩(苦笑)
そして私の雷が落ちるわけなのです
DSC_0022-001_20170912095601a6d.jpg

おやつやご飯を見ると、かなり興奮してしまうので、
今は落ち着いてお座りしないと何ももらえない、ってのを繰り返しております。
おやつに関しては落ち着いてお座りして待つまでできるようにはなってます。
ご飯はもうちょっと色々試してみないとかな。
あんちゃんだけ、食後にしゃっくりが出るのも急いで食べてることが原因かな?とも思い。
ゆっくり食べれるようにいろんな方法を試してます。

そうそう、少し早いかなって思ったけど、ちょっとだけトレーニングは始めてます。
DSC_0005-002_20170912105433e90.jpg


我が家のしつけの定番“注意信号”は
「チッチッチ」と舌うちのような音を連続で鳴らすこと。
この音を鳴らせば、やっていることをやめて私を見るようになってます。

注意を促す子を見ながら舌を鳴らすので、
「あれ?私?私なの?すごい仮母さまが怒りの目を・・・・」と犬が考えるわけです。
止めないとずっとじーーーーーーと見ます。
犬ってじーーーと見られるの苦手ですよね。
DSC_0021-001_20170912105435a82.jpg

その迷惑行為をやめて、その場を去れば舌打ちも終わり、目もそらします。
この時大げさに褒めると興奮してしまうので、私は子犬に関してはこの時は褒めません。
目をそらす行為が、それでいいんだよ、って答えなので。

これは注意勧告なので、これを無視して続けると
がっつり雷が落ちるわけです(笑)
ね、しんちゃん。
DSC_0029_20170912101002bd2.jpg

私は犬に何かを教える時に、できるだけ自分で考えて行動するような
教え方をするように心がけています。



なんちゃって。嘘です(笑)
たまたまやっていた色々が、結果犬に“自分で考える”ってことに繋がった気がします。

しんちゃんが思った以上にいい子になり落ち着いたのも、
この接し方がしんちゃんに合っていたからだと思ったり。
ホント優しくていい子なんです。しんちゃん。


さて、みかんさんにメールやらメッセやらありがとうございます。

飼い主が全く心配してないのに、周りの方がめっさ心配してくれているという不思議な現象が起こっております(笑)

一歩や二葉や福(又三郎)のおかげで、
老犬とか介護をずいぶん学ばせてもらいました。

元々の性格もあると思いますが、
悲痛になることは本当に無いんです。
悲しくも無いし、つらくも無いんですよ。マジで。
DSC_0023-001_2017091210405062b.jpg


なのでみかんの症状が出たときに、不思議と不安も、焦りも、焦燥もなく、
「あ、きたな。」と思った程度でした。

年を取ってそれを看取るって行為が
実はとても愛おしくて楽しい時間だったことに気が付いたのは
亡くした後でした。

一歩のおかげです。

だから二葉を引き出した時も、思った以上にひどい状態だったけど
気にも病まなかったし、楽しく介護が出来ました。
2カ月弱という短い時間でしたが。

年を取って病気になって、衰えていく愛犬を見るのは
辛いですか?
DSC_0029-001_20170912104052c4f.jpg


でも辛さって、そこではなくて、私が一番つらいのは
そうなったときに捨てられてしまうこと。
なので、

そうなった子と最後の時間を過ごしているのは
とってもとっても幸せなことなのだと思います。

まだまだ若くて、元気で楽しい日々を送っている里親様たちに
いつか来るであろう老犬介護が、楽しい日々だと思えるような
記事を書いていきたいです。

保護活動も、介護も、募集も、すべてゆるゆるでいいと思います。
全速力で突っ走っては、長くは走れません。

なんでもちょっと力を抜いていく方がうまくいきます。

心を悲しみでいっぱいにしてる飼い主と、
楽しく暮らしてる飼い主、犬はどっちょと一緒に暮らしたいでしょうか?
DSC_0025-001_2017091210405185b.jpg


最後に、明確に書けず当たり障りのないことを書いてお断りしたのですが、
ここに記載します。

私の気持ちとして、先住犬を亡くしたばかりの方への譲渡は
基本気が向きません。
悩み検討しますが、やはりどうしても心がGOサインを出してくれません。

亡くして5日とか1週間しか時間がたっていない、、、うーん。
新しい犬が来ることで確かに家族に明るさが戻るかもしれません。
でも、私が求めている里親様は亡くした後の時間をも慈しみ
気持ちの整理をつけて自分が悲しみから回復したなって思ってから
迎えて欲しいと思っております。
犬に悲しみから救ってもらうのではなく、自分で自分を救える方にお願いしたい。

悲しみの時間はそれぞれ、長いも短いのも無いとは思います。
1週間でも気持ちの整理はついてます、と言われてしまえばそれまでですが、
譲渡する側の私がそれに対して、ためらいを感じてしまうので、
我が家からの募集する保護犬に関しては、上記の現状の方とはお話が進まないことがほとんどだと思って下さい。
預かりYに確認しましたが、Yも同じ意見でした。

看取ってくださった家族が素晴らしいのは十分に分かってはいるのです。

心の狭いボラだわって私を避けてくれればそれでいいです。



よければポチっとお願いします★
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

里親募集ランキング
2017-05-12 23:14 | カテゴリ:うちの子たち
西くんは「青くん」って名前にしました。
もともとそう呼んでたので(首のリボンで)


朝見た感じでは目に力が無いな・・・・また食欲が落ちてしまったのか。
と思い、ブドウ糖を飲ませて、ゴロゴロと甘えでおなかを見せてくれていました。
仕事の用意をして病院に預ずけるか・・・・どうするかと思いつつ
報告ブログを書き終わり青を見ると「あ!これはやばい」と焦りました。

首はだらんとし、口を半分開けたまま、
とにかくトイレに行こうとトイレ前で力尽き下痢を垂れ流していました。

慌ててクレートに居れて家を出ると
うんちはどんどん流れ出ておりました。

病院に飛び込み「やばいです」と青を見せるとそのまま治療に。
見て下さったずっと担当してくれているI先生が
「正直このままダメかもしれません」と、

覚悟していますと言いました。泣けて泣けて。

そのまま入院となりました。でも私は仕事に行かねばなりません。

夕方仕事終わりにそのまま病院へ

少し復活していました。


青がこんな風にあっという間に意識がなくなるのは2回目です。

必要な検査はみんなしてもらいました。
検便も4回はしてます。パルボチェックも2回。
エコーもレントゲンも血液検査も。

アンモニア数値が高く、高アンモニア血症を起こしているそうです。

今日は昨日より目力が戻ってました。


疑いとしては先天的な門脈シャントも否定できない
ただ、まだ数値は高いけどアンモニア数値は下がってきているそうです。

とりあえずは少し持ち直したのですが、原因ははっきりしないので
便をスクリーニング検査に出しましょうと言うことになりました。
ただ、ある程度の量取れないと検査に回せないそうで、
取れ次第検査に回すそうです。


っと、これって私のメモでもあるので長々書かせてもらってます。
すみません(忘れないうちに書いておかないと)

青君もまだ退院できませんでした。
寂しくて鳴いてて。。。。連れて帰りたかったなぁ。


北くん(茶白)も退院したのになんだかすっきり元気とは言えなくて、
でも青と北くんとは体調不良の感じが全然違う気がします。
北君は腸炎のような胃腸炎とか、そんな感じ。
食べたいけどちょっと気持ち悪いの、的な感じです。
でも食べてくれるようになりましたので、注意してみていきます。



元気なのは東君と南ちゃん。
この2頭は順調に体重が増えており400gを超えて500gに近づいているのに

青君と北君は350gを行ったり来たりでほんと増えません。

南ちゃんと東君は他のボラさんに週末移動予定です。
Aさんよろしくお願いします。



そして橙さんですが、かなりまずい状態です。
正直もうだめかと思いました。

かなり弱っているのですが、もっと弱っては麻酔も出来なくなるので
内視鏡検査を麻酔をしてやってみましょうと、
正直検査中に亡くなる可能性もあります、と言われ
仕事中電話が鳴りませんようにって祈りました。
ですが無事に終わったそうです

胃が動いてない状態で液体がたまっているそうです。
普通、胃に液体がたまることは無いのです。

胃の炎症はかなり重度


原因が分からないので組織検査に回したそうです。
異物がある場合に起こることがあるけどエコーでは腸内には見つからず
でもエコーでは100%では無いので何とも言えず、誤飲をする子でないので
可能性は低いとは思っています。
今は対処療法で点滴や胃粘膜保護の薬を入れるぐらいしかできないそうです。
胃が動くのを待つ感じでしょうか。



しばらく入院になります。

ホントあっという間のことで、誰か吐いてるな・・・って思ってから
「あれ?かなりおかしい」って思うまで2日でした。

子猫たちのケアには追われていましたので、何かのサインを見逃したのかもしれません。

橙は前も老犬のケアで病気を見逃しているのに
私は反省が足りない。

橙に申し訳ない。