FC2ブログ
2006-08-28 23:16 | カテゴリ:満月的考察
背景

マンゲツノッサはある日連絡を受ける。
「保護犬を預かれますか?」
マンゲツノッサは執事のセバスチャンに相談なくただ新しい子を見たいが為に

「ハイもちろん」と答える。

これがマンゲツノッサの序曲 考えなし協定である

犬が来ることがほぼ決まると、一切の家事を投げ出し、寝てもさめても名前を考えることに全力を注ぐ。
仕事中のネットはもとより、熟睡のセバスチャンを蹴り起こし
「ねぇねぇ○△◇は?」といきなり話し掛け返事をしないと暴力に及ぶこともある。

これがマンゲツノッサのボラ初期中毒 名前ど真ん中期である。

実際に犬が到着すると、まずは観察そして不安があっても黙して語らず
「絶対大丈夫です」と絶対の意味を履き違えた発言が登場する。
その時によくマンゲツノッサを観察するとかすかに泳ぐ瞳を認めることが出来たなら次の段階を懸念した方が無難である。

新しい預かり犬との生活が始まり次々出てくる問題に早速打ちのめされる
これがマンゲツノッサのボラ中期突入中毒 後悔先におったたず期である。

この後悔先におったたず期はその時のより長く続く時もあり、その場合マンゲツノッサは酒に逃げることにより
この苦痛から逃れようとするため、会話に無理が出る。
この時期に突入すると誰とも目をあわさなくなる。


預かり犬との生活も落ち着き。この頃になるとさまざまなコマンドを教え込む喜びを覚える。
果てしなく保護犬が可愛くなり口癖が増える。
これがマンゲツノッサボラ後期中毒 「うちの子になるか?」期である。

この頃になると所構わず保護犬を自慢しだし、周りをドン引きさせる。
毎日回りのお花が散らばったメルヘン漫画のように素晴らしく
この日々が永遠だと思われたその時。
預かりワンコのお見合いが決まる

ここからマンゲツノッサボラ中毒最終章前編 感無量期が始まる。

重箱のすみをつつくように丹念に吟味するが
里親希望の方に問題などまったく見つからず
とんとん拍子にトライアルが決まる。

考え深い思いもあるがとりあえずは無事に送り出せるめどが立ちホッとする。
しばらくは休んでゆっくり旅行なんかも行きたいわと旅行雑誌を購入したりする。


お届け当日大変だった思いでも今では良い思い出となり。
笑顔で家を出て里親様宅へ向かう。
家に着くと暖かく迎えてもらい里親様と出会えたことに喜びを感じる。
これでもう心配は無い。安心だ。
少々寂しさは否めないが、笑顔で帰途につく。

帰ってから転がるボールを見て激しい寂しさが襲う。
ここからマンゲツノッサボラ中毒最終章完結編 壁に向かって体育座り期へと坂を転がるように突入する。

見るものすべてが悲しくなり。
いつまでもじめじめ考え
壁に向かって「我が家でも幸せだったよね?」と話し掛けたりもする。

もうこうなるときのこが生えようが放置するしかなく
時間が解決するか
新しい預かりワンコが解決するかしかなくなる。

そして・・・・・・・・


また旅行に行けなくなる。
2006-08-28 01:40 | カテゴリ:満月凸長屋(預かり犬猫)
CAJAより里親募集中。(0174番)です。
SN320577.jpg

名前:ふーが(風牙) ♂
年齢:10ヶ月
体重:19.25kg
排泄:トイレはお散歩で家では我慢してるようです。
短所:音に敏感・ケージに居る時間が長いとうんPをしてしまうことがある・散歩でやや引っ張ります。
長所:なつっこい・車酔いなし・犬にも友好的・
他 :おやつやご飯でけんかをしてしまうことあり。(矯正中)
   1頭飼い向き。




昨日は町内のお祭り。
なんとエビス生が300円!やすい!!飲みすぎた!
もう飲めない!(うそ!)



ゆい丸土曜に無事去勢が終了しました。
片睾丸で一個がおなかの中にあったけど触れたので
2ヶ所切って無事終了。お世話になりました。
本当にありがとうございます。

あっち方面に足向けて寝れません・・・(ケツは向けるかも・・)


去勢ってすごい言葉だと思いません?

勢いを去るってことですよ!
勢いが無くなっちゃうってなんだかすごいことになっちゃう気がするから
したがらない人が多いのかしら?。。
つうか玉は勢いなのねぇ。。。



そうそう。ゆい丸のお見合い延期になってしまいました。
縁があるようで縁がつながらない子みたいですが
これはあせるなってことだと思うのでゆっくり行きます。

今日は久々ゆっくり出来た週末でした・・・が・・・。
旦那と昼ご飯を食べて献血して4時間後ぐらいに帰ったら
遠くからも聞こえるふーがの吠える声
家に着いたらケージは大変な惨事に・・・


ふーがが最近ケージ留守番が出来なくなってしまいました。。
おやつを食べ終わり、コングに詰め込んだフードも食べきってしまうと
あとはひたすら私が帰ってくるまで吠えてます(汗)
しかも暴れるので水はひっくり返るがっちり固定してもだめ
ケージに付ける給水器も破壊。
もう、ちょっと書けないぐらい大変な状態です。

ふーがも水も飲めず吠えてるため精神的にきてるらしく
ケージ留守番のあとは下痢気味・・・。


もう近所迷惑なんて言葉だけじゃ収まらないなぁ。。

ケージトレーニングは我が家の失敗です。
なのでこれから徐々に慣らしていきます。
人間が居るときはケージに入っていても少し鼻鳴きしますが吠えません。

少しずつケージは楽しくて落ち着くところって教えていくことを再度心に誓った!

ふーが頑張ろう!
少しずつでいいから頑張ろう!



そうそう。ゆい丸の勢いを見せていただきました・・・
まぁ砂肝って感じですが内臓系が苦手な方は
見るのはお控えください。
2006-08-28 01:34 | カテゴリ:満月的考察
これ書いてるのは28日の午前零時すぎ。

夜になるとさまざまなイライラが私を襲うんだけど
なぜだろう?
誰かの呪いか?


犬猫系ボラに言ってはいけないことって何か知ってる?
もしかしたら世界で1番心の狭い私だけかもしれないけど

私はこれを言われると相手が悪気がなくても
笑顔が歪みます。


「すごいですよねー預かりなんて私には出来ないわー。
可愛くなっちゃって出せなくなっちゃう」



この手の書き込みも前は良くもらってました。
まぁ当り障りの無いコメントを返してましたが
正直複雑でした。


だってだってさ私にはこうとれてしまったのよ

「おいおいおい、そしたら何かい?
あんたはうちが預かった子に愛情ひとつもかけず
餌と散歩の世話だけして愛着さえ湧かない冷血漢ってことかいな?!」


実際そう言う方は多分本当に「偉いわねー」って気持ちをこめて
言ってくれたんだと思うけど

私は何より誉められることが苦手だ。

そしてこうも思ってしまうのだ

「なんで私には出来ないわぁーって言うんだろう。やったこと無いのに」

って。

でも世の中すべての犬好きがボラをしたいなんて思うわけ無いのにね
自分中心で考えちゃうのは私の決定的な短所。


いえね。わかってるのよ悪気が無いってことはさ。
でも私昔から持論があるんだけど

悪気が無い一言が一番たち悪いんだよね。。。


私はこの悪気の無い言葉で昔はよく傷ついたっけ。
悪気が無いんだから気にしなきゃいいんだけどね。


つうか自分の発した言葉が悪気無いけどよくよーーーく考えれば相手に対して失礼だって気が付かない人種が激しく嫌い。



と、偉そうなことばかり書いてる私ですが

ちょっと反省したことがあった。
ある方のブログを読んだ時だ。

いまやさまざまなブログをにぎわしてる
「子猫殺し作家」の件は正直むかついて「死ねババア!」って何度もPC画面に言った。

でも世の中のニュースはそんな直球で怒りをぶつけるだけでいいのか?
と投げかけてそして諭してくれたブログがある。

皆様にもぜひ読んでもらいたい。
私は読んだ後自分が恥ずかしくなった。

「帰ってきた!?犬猫屋敷の管理人日記」
の8月26日、27日の記事をぜひ読んでください。

視野が狭すぎる。私はまだまだだなぁ体育すわりで考えたよ。


そうそう
    
これ読んだときにも思った。

この本は結構映画化漫画家スペシャルドラマ化されていて知ってる人も多いと思うけど
精神科医伊良部の話です。
これはシリーズ3作目

伊良部は40過ぎてるのに
政界ともつながる大物が往診を命じたら
「さむいからいやーだよー」
って言ってしまう男。そんな話(どんな話?)

最初の話はこりゃモデルは読売の渡な○オーナーだなってすぐわかる話なんだけど
あのどちらかというとヒール(悪役)なおじい様を
一躍ベビーフェイス(悪役じゃない方、いいもん)に仕立て上げるあのテクニック。素晴らしいぞ奥田さん。

奥田さんみたいにマスコミの情報だけの一方的な意見ではなく
もっと広い目で見た感じが今回の騒動に必要なんだなぁって
「町長選挙」を読み返して思った。

皆さんはどう思いますか?


そういえば私は子犬殺しの娘だったわ。
この話初耳な方はこちらへ

「今日はまじめに書いてみよう(田舎での幼少期序曲)」
「田舎での幼少期 続き」
「田舎での幼少期最終章」