FC2ブログ
2008-01-10 17:25 | カテゴリ:満月的考察
今日は日頃思ってる様々な戯れ言を。


みなさん
中型犬ってどれぐらいの大きさなのでしょうか?

私の中の線引きは10キロ以上20キロ以下は中型
なんだけどさ、中型の犬の洋服って
キャバリアとか、パグ、とか8キロぐらいのこでも
中型扱いのところ多くない?

        「お腹がすきました」
RIMG0001-17.jpg


10キロ以下はみんな小型ですよわが家の感覚では。

で何が言いたいのかっていうと、トリミング系やペットと泊まれる系の
“中型”ってわが家の2頭は入れていいのか?って悩むのよねー
人によっては「でか!」とか言われちゃうし。      

まぁわが家がトリミングに行くことはほとんど無いけど。
自分で洗ってトリミング代金5千円以上を飲み代に回したいし。その気持ちが1番なんだけどね。

 

預かりをしていてよく言われたり書き込みで見るのが
「私も預かりしてみたいのですが・・・ちょっと・・・・」
って感じのコメント。

なんだか預かりってものすごく敷居が高い感じに思われているんだなぁと。

ものすごいスペシャリストじゃないと出来ない!みたいな。

ノンノンノン違いますよセニョリータ。


それじゃ誰も出来ないぞー!


     「あけびさんも腹が減ってるらしいです」
RIMG0012-12.jpg


私だって犬が2頭いて先住がいてお金が・・・で
短気で、酒飲みで、人間つき合いに偏りがあって・・・・
でも出来てるんです。

不思議でしょ?

興味があるのに最初の一歩が出なくて、ウジウジ考えてるなら
やってみません?

案ずるより産むが易しって場合もあるし
想像を絶する大変さを味わうって場合もあります。
それは神のみぞ知る


      「もらえないですか・・・・・」
RIMG0016-9.jpg



でもね。
大変の度合いって人によって違いますよね。

コップの水が半分以上で「大変だー!」
   mizu.jpg

って思う方も居れば


コップの水が表面張力的満杯になって「ちょっと大変かも・・」
   mizu2.jpg

って思う方もいるでしょ?

または、コップの水がぼたぼた溢れているのに「へぇ。。こんなに大変なんだぁ。。でももうちょっとこぼしっぱなしでもイケるかも」
   mizu3.jpg

って思う方だって居る。

私だってみかんを迎えた時は、預かりじゃなくって犬を飼うってことだけなのに
コップの水がもうちょっとで溢れそうって察知して
「ヤバイヤバイヤバイ!もうムリムリムリムリ!」
って大騒ぎしてしまったタイプでした(汗)

でも今はまぁ・・そうですねぇ「こぼれてるなぁ。。。まぁいいや。セバスに拭かせよう」
ってところでしょうか?(←分かりづらっ!)


       「おーなーかーがーーーーーー」
RIMG0021-13.jpg


もしやってみて「やはり私には合わない。無理だ」
と思ったのなら、もうやらなければいいのです。
一回の経験でやめてしまったことを恥じて落ち込むことなんてないと思います。
だってあなたはやってみたでしょ?
やらずに偉そうなことばかり言ってる人が多い中。
あなたはやったんです。それはすごいこと。


やらなずにウジウジしていたときのことを思えば
全然違うと私は思います。

預かり以外で出来ることをすればいいのですから。

     「すーいーたぁーーーー」
RIMG0023-9.jpg



でもね、
預かるのは“命”です。
一度預かった命を途中で投げ出すことは出来ません。
愛情をかけてメンタルな部分も含めケアもしなくっちゃいけません。
そしてどんなに寂しく、どんなに泣けても里親さんが決まったら卒業していくってこと
それは肝に銘じておかないとですよね。



大先輩に言われました。
犬は「留守番が出来て当たり前って」って

わが家にも留守番があります。
だから里親さんだってそれだけの理由で断りません。
小さい子供がいるってことだけで断りません(その時の保護犬の性格次第ではお断りしているときもありますが)

犬に大事なのは「大好きな飼い主と一生一緒にいられること」
留守番があるか無いかではないと思うんですよね。
飼いたいって思ってる人の心意気つうか
そりゃ留守番がなく1日一緒にいれるならそれは願ったり叶ったりだけど
犬に大事なのは飼い主が変わらずーと居られることじゃないかな?って
それが大事なんだと私は思います。


      「なんか くれっ!」
RIMG0020-13.jpg



「何年先も一緒にいれますか?」
って聞きたいです。「何年先も一緒に居られると誓ってください!!」
と言い切りたい。

でも未来がどう動くなんて誰にも分かりません。
「絶対手放すな」って強要することは私には出来ません。
(最後まで看取って欲しいとはもちろんお願いしますよ)

だからもし、
「何かとてつもない問題が起こり、犬を手放さなくてはいけなくなったら
絶対にわが家に返してください」
とお願いします。
その犬が何歳になっても、どんな姿でも、
私の知らない方へ譲渡しないで欲しい。

それだけは絶対条件です。ここは譲れません。

飼えなくなったかと言って、先方を責めることはしたくない。
あって欲しくないけど、「飽きた、もういらなくなった」という理由であったとしても
それは責めるのは相手ではなく、そんな家に譲渡してしまった私の責任
責めるべきは自分自身という気持ちを忘れずにいたいなぁと
常に思っています。



私は何事も相手のせいにしてばかりの20代を過ごしました。
とってもつまらなく損な時間だったと思います。
後悔しています。

ある程度年を取って、やっとこさ、自分って人間が結構好きになれた気がするんです。
年を取ってもっともっと自分に自信を持ち好きでいたいなぁ。


     「しょうがない。散歩でも行きますかね」  
RIMG0028-10.jpg

おおおまじめに語っちゃったけど
オスカルのアホ写真で許してもらおう。

ランキング参加中。オスカル宣伝クリックよろしゅう!
 


 






    「散歩まだですか?」
RIMG0030-7.jpg


はいはい
今行きますよ。


では行ってきます。