FC2ブログ
2008-03-05 12:30 | カテゴリ:『冬のアナタ』シリーズ
いやねー週末に上野の大統領で飲んでたんだけど、
あ・・その親友は見た目はモデルのように小顔でカワイイく美しい子なのに
絶対こじゃれた店には入ってくれない筋金入りのオヤジ飲み屋の好きな子で、
だいたい「いこい」とかたる平とかとにかくオサレとはほど遠い店ばかりで飲んでいる。
ちなみに一緒に働いていた頃は有楽町のガード下もほぼ毎日通っていた(ダメ人間)

で、話は戻って、大統領で飲んでいた時なんだけどね、
作業着を着た若い兄ちゃんとおじさんが飲んでいて、結構よっぱらってんなぁって感じではあったの、
酔ってると思っていたオヤジの方は結構しゃきっとしていて(さすがとにの差ね)
お兄ちゃんはもう目が開いていない状態で、座ったまま頭がぐるぐる回っていた。
で、まぁ案の定・・もうかなりやばい見た目に店の人も手慣れた様子で
「お客さん!困りますよ!起きて下さい!」
とか言われてるわけ、

で、トイレから戻ったオヤジに「困りますよ!お連れさん。お会計先にお願いしますよ」
って言われてるんだけど
「いや、奴が払うって言ったんだ・・・いくらだい?」
ってオヤジ。(オイオイ)
「3,620円です」

「カードは使えるか?」などと言いながらポケットをさぐるが、本当にお金がないらしい。

結局そのぐらぐら回っている若者を起こすことに決めたらしい店員とオヤジ。

店員「客さん!困りますよ!お会計お願いします!」
オヤジ「おい!起きろ!お会計!お前払うっていったろ!」
店員「お客さん!3,620円です!」
オヤジ「3,620円!おい!」
店員「4,000円ありますか!」
オヤジ「おい!4,000円!おい!」
店員「4,000円ですよ!お客さん!」
オヤジ「4,000円!」
店員「お客さん!起きて下さい!」
オヤジ「4,000円!」
店員「お客さん!!困りますよ!」
オヤジ「4,000円!」

オヤジ「4,000円!」
オヤジ「4,000円!」
オヤジ「よんせんえん!」

そのうちへんな節を付けだすオヤジ

オヤジ「よ~~んせんえーんー!」
オヤジ「よ~~んせんえーんー!」
オヤジ「よ~~んせんえーんー!」
オヤジ「よ~~んせんえーんー!」

オヤジ「よ~~んせんえーんー!」


もうダメ・・・この辺りでもう私と親友とセバスはかなり笑いをこらえてかなりぎりぎりだった。


オヤジ「よ~~んせ~~~んえーん~~~」
オヤジ「よ~~んせ~~~んえーん~~~」
オヤジ「よ~~んせ~~~んえーん~~~」
オヤジ「よ~~んせ~~~んえーん~~~」

もうその若者の名前はよんせんえん君なのだと思うほど連呼。


もうダメだ・・もうこれ以上笑いを我慢できないよママン・・と思ったその時

若者渾身の力を絞り出し財布をだした。

キタ!やっと意識を取り戻したか!


そして財布からお札を出した!






店員「お客さん!それ千円札ですよ!4,000円です!」



噴射


ボビ男強化月間中♪







京都に旅に出た、楽とみかん。

fuyuana14.jpg



二人は清水寺へと軽やかに向かった。


fuyuana15.jpg



パンフレッドを接写したので夜景なのは勘弁して欲しい。と
ナレーターは思った。

fuyuana16.jpg



fuyuana17.jpg

                    友情出演:ハム王子

みかんと銀時。

まさか京都で再会とは!そして子供の運命は!!
気になる奥さん!クリックですよ!