FC2ブログ
2008-08-22 20:47 | カテゴリ:千葉県動物愛護センターレポート
昨日の『奇跡体験アンビリバボー』観ました?

日本初のセラピードッグ チロリの物語でしたね。

そしてなんと!チロリは富里センター出身だそうです。
代表の大木さんが子犬と一緒に捨てられていたチロリをみつけ、
子犬には新しい飼い主を捜し、しかしチロリはセンターに捕獲されてしまったそうです。
それを知った大木さんはすぐさまセンターへ。
でも時間外。しかももう期限の5日目だったそうです。

大木さんは諦めずセンターに至る所にメモを残し
チロリは処分を免れました。
大木さんはアメリカでセラピードッグの存在を知り、多くの時間ボランティア活動をへて
日本でも活動を開始しようと訓練などの準備中でした。
ですが元々海外でもセラピードッグは親が分かることで性格などが把握しやすい
純血種が一般的でした。
なので捨て犬の雑種は論外。それでも保護した責任はあります。
チロリはひとまずその訓練所の犬舎で生活させることにしました。

ある時病気で弱っている犬の寄り添うチロリをみて大木さんはチロリにセラピードッグの素質を見たのです。
そしてトラウマを克服して
なんとチロリは他の訓練犬を抜き、セラピードッグの第一号になったのです。


あーもう説明したくない!とにかく感動したんです。
すばらしい!
そして大木さんは富里から多くの犬を救いセラピードッグとして訓練しています。



『日本セラピードッグ協会』


感動して大泣きしてしまいました。




そして・・・センターに行ってきました。



後ろ足の動かない仔猫
榎ちゃんと同じサバの仔猫。一生懸命鳴いて私たちを呼びます。
RIMG0021.jpg

この子を引き出す勇気が私にはありませんでした。
RIMG0023_20080822200327.jpg



マイクロチップが入ってるのに迎えに来ないビーグル。
RIMG0025.jpg
もう放棄扱いになると思います。預かれる人居ませんか?随分長くココにいます。


秋田県の子犬。
RIMG0030.jpg
この子は引き出し要請あり。


収容室。

1日目の部屋
この部屋に居る子は検疫以来のすべてある子です。
RIMG0037_20080822200817.jpg

私のタイプのモサモサちゃん。
RIMG0040_20080822200950.jpg




2日目の部屋

隅っこで動かない2頭。
RIMG0053_20080822201114.jpg
美しいブラックタンと琉球犬のように美しい虎毛の子

ぐるぐる回る老犬。
RIMG0055_20080822201251.jpg
首輪をしています。飼い犬を看取るという当たり前のことも出来ないのでしょうか?

具合が悪いのでしょう。まったく動きません。
RIMG0058_20080822201418.jpg



3日目の部屋

しつこくマウントしようとするポインター下の雑種の子は
必死な目で私たちに助けを求めていました。
RIMG0062_20080822201550.jpg

その前の子はコーギーmix
。少し気が強い様子があるようです。
とても可愛い子なのに。適切なしつけをしなかったのでしょうか?

RIMG0066_20080822201842.jpg
手前のGRは引き出し要請があり、この後検疫室へ異動。
良かったね。

相変わらず多いラブ系とポインター系
RIMG0070.jpg

あのマウントポインターもですがきちんとしつけが入っています。
ガラス越しにも人間のコマンドに反応します。


4日目の部屋
なし。




最終部屋
週明けにはもう居ない子達です。

RIMG0094_20080822203628.jpg

足の変形した子犬
RIMG0090_20080822203623.jpg

RIMG0081.jpg

RIMG0078_20080822203610.jpg

RIMG0079.jpg

目力のある子
RIMG0097_20080822204258.jpg
この子は引き出し要請あり。良かったね。

RIMG0099.jpg


最後まで人間を疑わず恨まずにいるんだろうね。



最近「私犬が大好きなんです~」って言われると
なんだかいやな気分になる。


人を見たら泥棒と思えじゃないけど

愛犬家をみたら破棄すると思えって感じで、誰も彼も信じられない。


「犬嫌いなんです」って人の方が安心して話が出来る。