FC2ブログ
2009-12-05 12:26 | カテゴリ:千葉県動物愛護センターレポート
千葉県動物愛護センターへ行って来ました。

sorataraさんのブログと合わせてご覧下さい。
(写真と説明が私より明確です)



猫部屋。

ああ・・・まだ居るのかお前。。
前回仲間のレポでみてとても気になっていた子です。
DSC_0002_20091205113447.jpg

しかも状態が悪くなってる(涙)
耳の周りがぐちゃっとしていて、耳ダニとは違う症状です。
見た感じ耳の中はキレイでした。

目は癒着していません。
あー気になる。
チャトラに見えますがアメショー柄の珍しいカラーでした。
このまま状態が悪くなれば処分もあり得ます。
DSC_0007_20091205113844.jpg
性格はとってもいいです。甘えん坊です。
ケージ越しに撫でてあげるとウットリして目をつむります。

どなたか飼えませんか?預かれませんか?
この子に関しては引き出しなど私が力になるので
メールフォームもしくはカギコメでご連絡下さい。


とてもきれいなチャトラさんと長毛でめっちゃ美形なキジさん
DSC_0005_20091205114002.jpg
DSC_0006_20091205114124.jpg

黒白と三毛
DSC_0003_20091205114223.jpg

パステル?三毛
キジが多い感じの三毛です。まだ1.5ヶ月ぐらいでしょうか?小さいです。
DSC_0004_20091205114302.jpg



検疫室

引き出し有無は未確認です。

最終日から生き残ったポポちゃんに似てました。
DSC_0016_20091205114628.jpg


まだ期限前のジャック推定6~7歳メス
DSC_0043_20091205114756.jpg
性格は良い感じです。
引き出し先は無し。
メスですし性格に問題はなさそうですが、ジャックですのでその辺り踏まえたしつけが出来る方が望ましいです。
飼い主と預かり先募集中です。



検疫室には子犬がいっぱい。
DSC_0038_20091205115204.jpg
DSC_0039_20091205115204.jpg
DSC_0040_20091205115204.jpg


元気にご飯を食べる子。元気が全くない子。
様々です。
生きてここを出て子犬犬舎に移動出来れば・・・・。
それでも寒い犬舎で家族を待つことは変わりないけど
でも少なくとも命を繋ぐことができます。


小犬犬舎にとっても可愛くってビビリで怖さ故に噛んでしまう子犬2匹がいました。
瞳があーちのように鳶色で美しい子達です。

お世話のおばさんもちょっと手を焼いているそうですが
昨日私たちには噛みませんでした。

怖いだけです。
家庭に入れば絶対甘えん坊になります。
私の個人的感想ですが、ここまでのビビリの子は
室内飼いで人間と密接に暮らす方が早く信頼関係が築けると思います。

出来ればボラが引き出し、まずは人間を信頼することから教えてあげれれば・・・・
それが出来なかった自分が歯がゆいです。

小犬犬舎の様子はsorataraさんのブログ
ビビリ兄弟も載っています。


収容棟です。

1日目
引き出し要請ある子です。
必ず居るラブ。
DSC_0017_20091205120318.jpg

必ず居るダックスと柴(お顔が写ってないスミマセン)
DSC_0018_20091205120318.jpg


2日目
ハスキー♀ 引き出し要請あり。
DSC_0021_20091205120802.jpg

右の子は左の子に威嚇され続けておびえていました。
DSC_0022_20091205120801.jpg

まだあどけない子
DSC_0023_20091205120801.jpg



3日目
今のところどの子も検疫要請は無いそうです。


まさを似の子
DSC_0029_20091205121127.jpg

どっかでよく見るなぁこの顔・・・・・
DSC_0028_20091205121127.jpg

テリア系。とっても可愛い。12キロぐらい。
DSC_0026_20091205121127.jpg

♂。若そうです。
DSC_0027_20091205121127.jpg

まだ1歳前と思われる子
DSC_0030_20091205121419.jpg

DSC_0025_20091205121127.jpg


最終日

処分は8日早朝。

よく見る子です。ラブミックスでしょうか。大きめです。
DSC_0031_20091205121639.jpg


おそらく8~10歳の子性格に問題はなさそうです。
DSC_0033_20091205121639.jpg
飼い主に問題があったんでしょうね。
こういった首輪もしていてあきらかに飼い犬と思われる老犬を捨てる人って
鬼か鬼畜か?って思うでしょ?

でも違うんですよ。
お隣に住んでいる人付き合いも良くって笑顔が素敵がご家族・・
そんな普通な人間なんです。

怖いですよね人間って。人間やめてしまいたくなりますよね。


兄弟と思われる子犬たち
DSC_0034_20091205121639.jpg

人慣れはしていません。おそらく野良が産んだ子もしくは人間との関係が薄い飼い犬が産んだ子でしょう。
DSC_0037_20091205121639.jpg


この子は私たちが居る30分以上もの間
このまま動きませんでした。
DSC_0036-1.jpg

こういう表情の子センターでよく見ます。

こういった表情をした子が最終日に居ると私はたまらなくなります。

怒りとか苦痛とかなんかごちゃ混ぜ。


この子達はこんな表情のまま逝くのかと。


何か楽しいことはあったのかな?
やっぱり人間は怖いまま逝くのかな?





センターレポを書いてコメントを頂くと救われます。
ありがとうございます。
たくさんの人が感心を寄せてくれているって感謝します。


ですがこれだけは書かないでください。
思っても書かないで下さいお願いします。

「何も出来ませんが・・・・」

これ書かれるとホント辛いです。
なんで何も出来ないって先に言っちゃうわけ?って怒りさえ感じます。


何も出来ないって言ったらホント何も出来ないままです。
何が出来るか?
まずはそう考えて下さい。

そしてまずはお近くの愛護センターを見学して下さい。


お願いします・。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://mikanakebi.blog56.fc2.com/tb.php/1008-414e2313