FC2ブログ
2011-03-02 21:48 | カテゴリ:一歩・二葉(老犬介護)
はじめてあったとき

私をまったく見なかった。


センターの職員さんに連れられたその犬は
驚くほどよぼよぼで

ただひたすら地面の臭いを嗅いでいた。

呼んでも触っても私を見なかった

P1100931.jpg


驚くほど伸びた爪は
巻き込み肉球を刺していた


おぼつかない足は爪のせいか?年のせいか?

正直分からなかった。

DSC_0034-2_20110228215244.jpg


体が臭くて3回も洗った

なんだか分からないかさぶたや傷が体中あちこちにある。
洗うと毛と一緒にボソッとかさぶたがとれた。

巻き込んだ爪は、太すぎてなかなか切れず
3.4回に分けて切った。

前足を持ち上げるだけでよろけて倒れこんだ。

立ってられずにへたり込んだ



不安な気持ちが大波のように押し寄せて
なかなか波は凪いでくれなかった。


DSC_0021-2_20110228215355.jpg



散歩に行くようになったら楽しそうに歩いた

最初はよく転んだ。


ああ  年なんだなぁと思った。





ご飯はよく食べた。
でも下痢気味だった

頻尿で粗相も多かった。


そして相変わらず散歩でよろけ、

帰宅後の足洗いで腰から砕けるようにしりもちをついた。

DSC_0019-10_20110228215536.jpg


しばらくして
あるときふと気がついた。


笑ってる。この子うれしそうな顔してる。

DSC_0091-1_20110228215737.jpg


生クリームをあげたらびっくりした顔をしてもっと欲しがった
初めて食べたのかな?


散歩では走りたがった

走るのが好きみたいで促すとうれしそうに走った(でもものすごく遅かった)



気がつけば後ろ足がしっかりとして筋肉もつき
やせた腰もだいぶがっしりした。

DSC_0182_20110228215828.jpg


転ばなくなった。後ろ足で体重を支えられるようになっていた。



ああそっか

この子はただ筋力が弱っていただけか。

この年までどんな飼われかたしてたか分からないが
この犬種に多い癌にもならず今まで生きてきたんだな

かなり健康爺さんじゃないか。



結構若いかな?

もっと筋力がつけばもっともっと本当の年齢に近づくのかな?


そう思って冬を越してきた。


DSC_0018-3_20110228220121.jpg



もうすぐ春。


元気に散歩する一歩も
最近息が上がるのが早い。


散歩では後半かなり歩みが遅くなる
疲れるのが早い。

一歩のマックスは今。


もうこれ以上元気になることはないだろう。




一歩は

やはり老犬でした。


若いかもって夢見たのは私の妄想でした。


頻尿で抗生剤を飲むことも多くなってきています。


ゆっくりと春が近づくように
ゆっくりと老いています。

このまま本当の春が一歩に来なくても
我が家に来たことが春だと思って欲しいな。





ランキングのクリックもよろしくお願いでっす★
参加中





管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://mikanakebi.blog56.fc2.com/tb.php/1297-dd7ee0cd