FC2ブログ

強烈なストレートパンチを食らいました

気分が落ちていたのは
まぁ

このまれに見るビビリっこの巣窟。
野生の王国だわってマジで呆然としてた。
そりゃそうだ、外で生きてきた子達
数々の我々では想像を絶する苦労をしてきた子だもの。
防衛本能は半端ないのはわかってる。



ご飯を上げればシャー
お水を変えればシャー
食べ終わったお皿を下げればシャー
毎回本気の爪だしパンチと噛み付き
なんとか手に慣れさせようと毎日撫でようと試みるも無残な結果。


マチルダさんは
手をのばすと体を縮め逃げ
不信感の目はまだ変わらない。


マチルダさんに関しては過去の預かりわんこに
この手のがいたのでさほど心配してない。
その子も笑顔で卒業でしたしね。

ちなみに今ささみ巻きガム食ってます(笑)


マチルダは昨日散歩デビューを果たして
久しぶりの外、しかも福島ではなく住宅街。
しかもリードを付けられて歩くのも初。

はい。
もちろん大暴れ。
リードを噛み切ろうと暴れ口から出血しました。



    笑ってるのではなく緊張MAXの顔です
1-0409_n.jpg



可哀想とは思いません。
可哀想って思うとますます暴れるし。
大丈夫落ち着けって大きな気持で接するしか無いんです。

マチルダみたいな子が必ず通る道。


散歩で救いなのはマチルダが暴れても我が家の犬達の様子が素晴らしかった。
落ち着きマチルダに「落ち着け」って鼻先で伝えてました。
感動した・・・。



カーリーはもっとすごかったし(遠い目)
でもあの子は今、普通の家庭犬になってる。


だからマチルダも大丈夫。

猫達は。。

正直我が家にいて本当に幸せなんだろうか?
リリースして仲間の元で暮らしたほうが
この子たちにとって幸せなのではないか?

そんな思いも否定できず。

でもご飯をこんなに美味しそうにガツリ食べる猫は初めてで
そう思うとご飯が一番だよなぁとも思うし
気持ちに一貫性がなく私が安定してませんでした。


私自身が、
この子たちを信じることが出来ていなかったんです。



ダメでしょ。

人間信じてよって言ってる私が
おぼんこぼんを信じてなかったんです。


そんな時、FBで友人がシェアしてたくるねこ大和さんの記事
ガツンとパンチを食らった気持ちでした。

「水ーくるねこ大和」




だよね。
幸せのわけないじゃん。

外で暮らす猫が
飼い主の居ない猫が

幸せなわけないじゃんね。

私って本当に自己中で馬鹿だなぁと情けなくなり
豪快に涙が出たのでした。



絶対もう戻さないからね。
新しい家族を探そうね。
1-DSC_0001-001.jpg

人間と暮らすことが王国だと思って過ごしてね。



絶対
絶対見つかる子だから我が家に来た。

毎回そう思って保護してるじゃない。
それでいいはず。
それが正解。


まったく私はおたんこなすだよ。












「色即★是空」Facebookページ

Comments 8

ハハ

リンク先の漫画? 読ませていただきました。涙が出ました。本当に本当にその通りだなあと思って。心に沁みました。

満月さん、うちのひかるは今までの中で最強で、もっと凶暴な?子はいましたが、ひかるは凶暴とかの一語では片づけられないくらい、すごい猫でした。パニクったら手をつけられないんです。何度も何度も心折れて、もうこの子が人間になれるのは一生ないかもと思いました。さわられるのを我慢できるようになったとしても、我慢に過ぎず、自分から向かってきて甘えてくれることは絶対にないと思ってました。夫ともよく話してました。
「ひかるが自分から私たちに寄ってくることなんてこの先あるのかな?」と。
夫も「難しいね」って言ってました。
でも、日々ずっとずっと「ひかる、だいじょうぶだいじょうぶ」と言い続け、叩かれてもびくびくせずに「だいじょうぶだいじょうぶ」って言いながら撫でてたら(撫でられない日の方が多かったですけど~)数ヶ月後に少しずつ変わってきたのがわかるようになりました。
自分の話ばかりでごめんなさい。
ですが、ひかるが変わったので、おぼんこぼんちゃんもいつか必ず変わると思います。
猫だって無駄な争いを好みませんものね。
満月さんのやさしくてまっすぐな深い愛が伝わると思います!!
って、うちにも今一人、すごいお嬢様(あかり)がいますので私もまだまだ努力しなきゃいけないのですが^^;
お体いたわってください。
びびりが続くと精神的にきついですよね。
お察しします。

2013-04-10 (Wed) 14:51 | EDIT | REPLY |   

喝!

お疲れ様です
シャーシャー言う元気があるだけラッキーだと思って下さいな(笑)
これがご飯は食べない、元気もないなんて状況だったら、落ち込み度は半端ないと思います。
焦ることなく、この子達のペースに合わせてじっくり構えていて下さい。

リリースする選択しかなかった兄弟の分も幸せになって欲しいと願ってますし、満月さんなら大丈夫だと思って安心しています。

2013-04-10 (Wed) 15:47 | EDIT | REPLY |   
満月◇管理人

Re: タイトルなし

>ハハちゃん
ハハちゃんは大変な子でも愚痴らず最後に「実は・・」って書くでしょ?
いつもすごいなぁって。
私毎回愚痴りまくり(苦笑)

くるねこさんのはやられましたね。
これまで我が家に来たすべての子達の最初のひどい様子を思い出しました。
飲む水だって綺麗ではなかったはず。泣けましたよ。

ひかる君のケアそんなに大変だったんですね。
それなのに募集を出来る段階まで人慣れが出来たなんてハハちゃんやチチさんの努力の賜物。
すごいです。
私は根がせっかちなので若い猫だと早く募集することに焦ってしまうんですよね。
焦りは禁物なのに。

あかりさん。
うららさんの所で見て登場楽しみにしてます。
私もなんか憑き物落ちたみたいに気が楽になったのが良かったのか
さっきシャーシャー言いながらも手からおやつを食べてくれました。
一歩一歩ですね。
お互い頑張りましょうー

2013-04-10 (Wed) 16:07 | EDIT | REPLY |   
満月◇管理人

Re: 喝!

>優さん
喝 入りました(笑)
そちらは大変そうですね(医療費が・・・)
外猫の手術だけでも寄付を募ってみてはいかがでしょうか?
収支報告などの時間は取られますが。。。
その際はリンクのお手伝いしますので。

さっきこぼんちゃん手からおやつ食べたんです(ケージ越しですが)
こぼんちゃんは後ちょっとかな。
おぼんは怖がりですが
なんと!
ブラックスモークなのが判明しました!
(今まで触れなかったので分からなかった)
ブラックスモークでボブテイル。。。。奴が好きそうですね・・・・。

2013-04-10 (Wed) 16:11 | EDIT | REPLY |   
なっちゃん

時間がかかっても慣れますよ!

今ウチにいるふくちゃんも、凄かったですよ、
譲渡先が猫初心者で、三ヶ月位かな?で、脱走させてしまいました。幸運にも捕獲機で再度保護できたんですが、里親さんは手を焼いていて、最後まで触れませんでしたから、戻しませんでした。
ずーっと鳴いて威嚇して大変でしたが、そんな子が喉を鳴らして甘えるようになるので、メロメロです。大丈夫、絶対慣れますよ!リリースは猫のせいじゃなくて、人間側のキャパのなさで、仕方なくするんじゃあないですか?それも場合によっては仕方ないと思います。自分が倒れてしまっては仕方ないですものね。

2013-04-10 (Wed) 19:39 | EDIT | REPLY |   
満月◇管理人

Re: 時間がかかっても慣れますよ!

>なっちゃんさん
今回の記事書いてなんだか沢山メッセとか頂いてます。
ありがたい。
そういえば橙も完全になれるまで1年かかったなぁと思いだしました。
ただもう成猫だったのでのんびりって思っていたような・・

この子たちはまだ若いし早く家族をなんて思って焦っていたんだと思います。
反省です。

なっちゃんのおうちのふくちゃんのようにこの子たちもゴロゴロと甘える日が来るんだなぁと
今はそう思って楽しみにしてます。
書いたことで解毒出来たというか、スッキリしました。
ありがとうございます。
みんな素敵な人ばかり

2013-04-10 (Wed) 21:41 | EDIT | REPLY |   
のん

泣ける話しやないですか

私も涙が出ました・・・くるねこ大和の漫画もそうだけど、満月さんの「絶対、絶対見つかる子だから我が家に来た」という言葉。
泣けちゃうっ

我が家の茶太郎(白茶のオカマ)は、うちを選んできました。(と、信じている私)
ある日、庭に見知らぬチャトラがいて、私の姿を見たら逃げようとしたんです。
『あらー?』と思って声をかけてみたら・・・キッと振り向いてそのまま私の方に駆けてきた。
本当はとても人懐こい子だった。後から考えたら、きっといろんなところで‘シッシッシッ!’されてきたんだろうなぁ。
首輪をしていたので飼い猫だと思い、そのまま私は家の中に入ったのですが、サッシの扉を外から‘カリカリカリカリ・・・・’「ニャー、ニャー、ニャー・・・・」をずっと繰り返す。
「とりあえず保護」と思って、家に居れて、首輪のネームを見てみたら・・・『はがされている、名前と連絡先がはがされている、これは取れちゃったものじゃなく、はがされた跡があるじゃん。』
先住猫がいるので、とりあず、獣医さんへ直行。
獣医さんを嫌がる様子はなく、病気もなし。
念のためいろいろな血液検査をしてもらったら、
「とんでもない数値が出ている」と。
『え?不治の病ですか?』と聞いてみたら、
「いや、この子、かなりの飢餓状態だったんですよ」と。
でも、最初にあげたドライフードもあまり食べなかったし、お腹が空いていないと思っていました。
獣医さんがおっしゃるには「ドライフードに食べ慣れてないから、食べたくないんじゃなく食べられなかったんでしょう」と。
もし、運よく餌場や餌やりおばさんとお知り合いになったとしても、たぶん、そこでもらえるのはドライフード、だったんだろうなぁ。

成ネコに、離乳から始めるという育て方を初めて経験しました。

こういう子は、外では絶対に生きられない!

2013-04-11 (Thu) 07:48 | EDIT | REPLY |   
満月◇管理人

Re: 泣ける話しやないですか

>のんさん
なんというかすべての猫を保護することは難しいけど
我が家に何らかの縁があって来た子は
きっとどっかにご縁が繋がっていて私が橋渡しするのが使命・・みたいに思っていたのに
迷いがどうしてもあって。
でももう迷いは無いです。

茶太郎さんはきっと探していたんですね。
本当の家があるはずどこだろう?
会えば分かるはずって
だから「ここだ!」って思っていれてーってカリカリしたんですね。
泣かせるじゃないですか。

のんさんに会うために遠回りしちゃったけどちゃんとたどり着いてよかった。
生きてたどり着けない子も沢山居ますから。。。

2013-04-11 (Thu) 18:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply