2013-04-26 21:29 | カテゴリ:満月的考察
新しい保護犬が我が家に来たり、


猫を拾って保護したり。


人づてに頼まれて預かったり
自分でその子を見てセンターから引き出したり



そんな私に沢山の人が


「満月さん、ありがとうございます」


って言って(書いて)くださる。
1-DSC_0012-005_20130426212239.jpg




正直書くとね、
ごめん

ホント正直書くと


別に自分が気になって預かっただけなのに
なんでお礼を言うんだろう


って違和感があってね、

ちょっと嫌だったの(笑)

ずっと、ずーーーとそう思っていて、
コメント返信にも

「自分で決めたことなのでお礼なんていらないですよ」
みたいなことも書いたし。


1-DSC_0013-004_20130426212240.jpg



そんなある時、
去年の話なんだけど。


一歩の具合が悪い時。
近所にゴミ置き場を荒らす子猫を見かけたの
2、3匹は居たと思う。

生後約3ヶ月ぐらい。
そこそこすばしっこく警戒心ももうあって、
簡単には捕まらない感じ。

それより何より、私がいっぱいいっぱいで


保護は先送りにしようと思った。
預かった猫は保護先に再度戻したし、
自分が保護した子猫は他の方に預かってもらっていたのに
また猫なんて・・・・そんな言い訳も心でしたりして。


1-DSC_0014-003.jpg


一歩はあっけなくお空に走っていってしまって、
放心しつつ


あ・・・・そういえば子猫。
そろそろ捕まえないと発情期が来ちゃうって

通ってなかったゴミ置き場に通ったけど

子猫たちは居なかったの。
道路の横だったし
ひかれちゃったのか。。。それとも住民に追い払われたのか


私何やってるんだろ。ってちょっと鬱になったよ(笑)


その後日々の忙しさとかで
その子猫たちのことは忘れていたんだけど、

ある日駅からの帰り道。
ある家の前に車が止まり、何の気なしに見るとキャリーバッグを下ろしてる。
か細く「ニャァ」って

あ、猫。病院かな?


ってその家の出窓を見たら
家の中に猫が2匹、出窓で帰ってきた飼い主を見てた。
1-DSC_0020-003_20130426212243.jpg




私すぐに分かりました。
あの時の子猫だった。


だってその家、
そのゴミ置き場の真横なんです。


そしてその猫はね。穂高そっくりのブチがある子がいて

(早く言えば残念柄:笑)



私はもう嬉しくって


あの時の子猫たちだ!3匹居る!
みんな生きてたんだ!

って

なんか涙でて。


ありがとうございます


って心のなかで言ってた。


そして思った


あ!これか。

皆さんが「ありがとう」って言ってくれるのは

こんな気持なんだって


今頃わかって・・・・・



本当にすみません。
お礼を素直に受け取れなくて

でも

本当に思うんですね。

心から「ありがとうございます」って



皆様


沢山の
「ありがとうございます」





ありがとうございます。

1-DSC_0043-002_20130426212806.jpg


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://mikanakebi.blog56.fc2.com/tb.php/1710-fb3c4988