2014-06-20 21:23 | カテゴリ:満月的考察
二葉の遺影
この写真にしてみたよ。

どうかな?

DSC_0030-006_201406202058010ff.jpg


写真たても無事購入。


DSC_0015-002_20140620210630c86.jpg



やっと、帰ってきても二葉のいた場所を見なくなりました。

毎日仕事から帰ると
二葉が生きてるか?苦しそうじゃないか?

なにより体を転換させてあげないと
って思うのが1番だったから

帰宅すると確認するクセが出ちゃう。

でも
もう

まっすぐお線香をあげに行きます。






皆さんは私が二葉を救ったと言ってくださる。


でもそれは実は違うんです。

私が二葉を救ったのではなく

私が二葉に救われているんです。

いつもそう。

一歩の時も、他の子のときも

すべての答えは同じです。






私は処分ゼロを目指しますと書いたことがありません。

なぜか?

答えは単純。

私には遠いのです。

目の前の選別されてしまう命が多すぎて
処分ゼロという大きな目標を口に出す自信がありません。


自信とかは違うかな。


私はこれからも自分の出来る範囲で保護活動を続けます。
それは大きな目標!と、言うより


ハチドリのひとしずくのようなものなのです。






あまり期待せずに、あまり信じすぎずに
疑いの目を持ちつつ(笑)距離を置いて見守ってくださればと思います。


あたたかいコメント沢山ありがとうございました。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://mikanakebi.blog56.fc2.com/tb.php/1869-9a7958df