2014-10-26 14:20 | カテゴリ:幸せ便り
猫の譲渡会~tetteテッテ~の第2回譲渡会を開催します!

11月16日(日)
12時~15時まで

場所は前回と同じ南流山のしろいぬカフェさん
http://www.ts-alamode.com/info_minami_nagareyama.html

前回使わせていただいて、素晴らしいフォローシステムに感動しまくり、
何から何まで至れり尽くせり、本当に素晴らしいシステムで保護猫、保護犬のお手伝いをしてくださってます。

開催場所など悩んでいる小さい団体さんなんかは絶対相談した方がいいと思います。
お勧めします!

それと前回宣伝が弱かったのか
当日カフェさんの方に譲渡会の問い合わせの電話があったそうです。
カフェさんのご迷惑になりますので必ず専用の電話にご連絡お願いします。
070-6405-9866
この番号は当日朝から通話可能です。
その前のお問い合わせはフェイスブックページもしくは
私のメールフォームよりお問い合わせください。


それとFBだと参加猫の情報など分かりにくいこともあり
参加猫がすぐ分かるようにと素敵なHPをしろくまさんが作ってくださいました!!

『猫の譲渡会~tetteテッテ~』


それと千葉県流山近郊、都内でも千葉に近い地域にお住まいの方にお願いします。
素敵なポスターを作ってくださったので
かかりつけの動物病院に貼ってくださると助かります。
ご協力お願いします!

印刷するときA4指定でしてくだされば印刷できると思います
S__1105933.jpg


貼るときに
下の切り取り部分の縦線だけチョキチョキしてくださると助かります。


さて!


トビオ改めもものすけ1週間たちまして
どんなもんかと電話しましたら



「もう昨日(金曜日)登録しました」
だって(笑)


トビオ正式譲渡になりました!


おめでとーーー!1週間で決まるとは正直思ってなくて
驚いたけど嬉しかったなぁ。
もうパパさんが呼ぶと来るそうです(驚愕)

そして夜人が居てもこんな感じでくつろいで寝れるようにもなってます。
S__851975.jpg


もものすけ、おめでとう。
もうおうちが変ることはないよ、良かったねぇ。

あ、暦のおうちからもおめでとうメールが来たよ。
一緒に仲良く遊んだもんね。

DSC_0091-001_20141026162344df8.jpg


暦の近況は次回UPしますね。


続きを読む・・・・は
あの子の訃報です。


悲しい話が今はダメって人以外どうぞ。







№25.
オスカル改めシータが22日深夜に亡くなりました。


月曜ぐらいから急に具合が悪くなり、火曜に急変

水曜の深夜、亡くなったそうです。



土曜にご主人より電話がありました。


急だったのでご家族の悲しさはとても深く、
まだ気持ちの整理がつかないと。
もっと長生きして欲しかったと。

我が家で募集したときは約5歳、そう考えると12歳。
まだまだって思う気持ち、とっても分かります。


いつもなら奥様が連絡をくれるかもしれないけど
きっと出来ないんだなって分かりました。


電話を切った後、やっぱり泣いちゃいましたよ。
どうしてもね、悲しいです。



やっぱりね、預かり期間が長かったし、思い出も沢山。



オスカルはセンターの収容犬情報の微妙な写真だけで
引き出しを決めた子でした。
RIMG0007-11.jpg


落ち着き無くテンションが高くまったく人の言葉を聞かない子でした。
引き出した当日「やべーやっちまったか」なんて思った私。

でもその当時センターは、毎日のように処分機が動いていました、
引き出しをするボランティアも少なく、最終日の部屋はいつも沢山の犬
オスカルはほぼ確実に処分される運命の子でした。


ここまで書いただけで涙が出ちゃいますね。


あけびと本気のケンかをするのでフリーになかなか出来なくて
今思えば、私の力不足。今なら大丈夫だったのにね。


散歩でパニックになり、収拾がつかなくて散歩が憂鬱でした。

それも、私の力不足、今ならすぐに対処が出来たのに。


でも一緒にお出かけしたらあけびとも打ち解けて
散歩も一緒に出来るようになって
RIMG0047_20141026164714296.jpg


どんどん落ち着いてきました。

そうだ、脱走しちゃって2日探して保護してくれた人から電話があって
ホント、生きた気持ちがしない2日だった。
いや、違うな。生きてるって思っていたからなんで見つからないの?って思ってた。

そしたら逃げた場所すぐの車屋さんの物陰にずっと隠れてたんだね。
たまたま連休で(祝日)お休みだった車屋さんが
休み明けで来たら見つけてくれて。

遠くに行ってると思って遠くばかり探してたよ。


RIMG0008-1_20141026164717d84.jpg


でも募集しても問い合わせはまったくなし。

そして10ヶ月近くなったある日、1件のお問い合わせが


そのたった1件が運命のおうちだったんだよね。


リンパ腫でGRを亡くされた家族で、本当は若い子って探してたのに
別々にサイトを見ていたご夫婦が偶然同じ犬、シータを見初めて。

運命だったんだよね。


私はね。亡くなったのはとっても悲しいけど、すごい幸せだったよって言ってる気がする。

あなたのトラウマは最初の飼い主からの虐待。
だからもう凄い幸せだよね。

感謝しかないと思う。
RIMG0010-11_20141026164716d98.jpg


悲しみは癒えるときは来るのか?って思うけど

幸せだった、これははっきり言えます。


シータ、うちの爺さん婆さんいっぱいメンバー居るから
みんなと仲良くね。


Aさん本当に感謝しかありません。
沢山愛してくださって

ほんとうに

ほんとうに


ありがとうございます。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://mikanakebi.blog56.fc2.com/tb.php/1900-9758674f