幸せってなに? | 色即☆是空
2016-02-18 21:27 | カテゴリ:幸せ便り
カーム改めウィル君。
トライアルは順調です!



すみません、やや嘘つきました。
色々やらかしております。。。

でもママさんは「壊されたりはいいんです。でも怪我が心配で」
と。

優しい・・・・オイラだったら壊されるのぜってーヤダ

理由はなんとなくわかって、我が家に帰りたいワケではなく、
留守番が不安なんだろうなって。初めての1頭だし。


ご家族に負担をかけたくないし、今回もみゆちゃんに頼ってしまった。
ウィルとお話してもらいました。

ウィル1頭を大事にしてくれるんだよって話しても
自分ひとりが大事にされるってことが分からない。(経験してないから)

ウィルは「幸せになるよ」って言っても分らないんです。
だって
幸せってどういうこと?って。
なので美味しいご飯とか、温かい部屋とか具体的に説明してくれて、
やっとこさ理解。

みゆちゃんと話して、ウィルも安心したみたい。

その頃、ウィルと話していると知らない里親さんは
「今日は落ち着いてるね」って言ってたそうです。

まぁ細かい内容は今度書きますが、やはり社会化不足
表現能力も低いそうで、自分の気持ち、状態をうまく説明できないんです。

でも、みゆちゃんの優しい説明に最後は随分ホッとして落ち着きました。


みゆちゃんより、
カームのような経験不足の子。
例えば多頭飼育崩壊。ブリーダー崩壊出身の子たちなど
限られた環境のみで生きてきた子は表現力が乏しいのです。

赤ちゃんが言葉を覚えるように話しかけてあげるといいそうです。
たとえば、美味しそうにおやつとかご飯を食べていれば「おいしいね」
楽しそうだったら「たのしいね」。嬉しそうだったら「うれしいの?うれしいねぇ」って
言葉と行動が関連付けられるように沢山話しかけてあげることで
言葉の理解度もあがり、また成長につながりどんどんステキな犬になりますよ~

里親さんにもみゆちゃんのやり取りをお話して、
益々ウィルがいとおしくなったそうです。


みゆちゃん、繰り返し「家族はね、ウィルが大好きなんだよ~、ずっとずーと一緒なんだよ」
って話してくれました。

ウィルの気持ちが変るのが分ったそうです。


はぁ~~~~~良かった。一安心。
私もちゃんと話していたけど、あんまり理解してなかったのね。。。

さて、里親様から送られてきた写真がステキなので紹介。


ママからおやつ



我が家ではイスに座ってたことないけど・・・・




そして衝撃的なのは



こらーーーーー!足!足!

管理者のみに表示する