2016-07-31 11:11 | カテゴリ:満月凸長屋(預かり犬猫)
この間、私の気持ちを助けてくれた
シータ(旧:オスカル)のおうちからご寄付が届きました!
fc2blog_201607301821389b9.jpg

活動費のご寄付もありがとうございます!
又三郎の治療費に充てさせて頂きます。

注目すべきはこれ!
fc2blog_20160730182132516.jpg

早速冷やしました!今夜は餃子だな(フッフッフ)

Aさん暑くなってきましたね!ご自愛下さいませ。ありがとうございました!


さてさて、又三郎ですが、無事に手術が終わりました。
更新が無いのでまさか!・・・・って感じになってる方
すみません
めっちゃ元気です(笑)

さすがに次の日は少しお疲れでよく寝てました。
DSC_0001-007_20160731103738915.jpg


とにかく口の中の腫瘍みたいなものは取れませんでした、
見てみたら3個、もしかしたら見えない喉まであるかもしれない
でも、この子はもう麻酔は無理だそうです。
手術中もかなりまずかったそうです。


この腫瘍が今後どうなるかは分かりませんが、手術が出来ないので
状態を注意しながら過ごすしか無いようです。
見た感じでは悪性では無いのでは?という曖昧な判断です。
DSC_0006-007_20160731103739b1f.jpg

背骨に加齢による湾曲が見られることから
かなり老犬では?10歳は超えているかもしれないとのことでした。
そんな状態ですのでこのまま通年ケアでフィラリアをケアしても
寿命が来てしまうかな?って思うのでボルバキア治療を検討中です。

この治療をどこの病院でケアして頂こうか検討中です。
千葉県柏近辺でこの治療に長けている病院をご存じでしたら
ぜひ情報をお願いします。

募集は消極的にしていく予定です。
老犬と決して長くは無い時間を大事に過ごして下さる方が
もしかしたら居るかもしれない、
もし、居たら、まだ現地に残っている2匹のうち、
ちょっと心配な黒ラブのおじいさんを出してあげられる。
だからちょっと信じて募集をしてみます。

車で行ける範囲なら遠くてもお届け致します。
料金は3万円プラス交通費(有料道路代+ガソリン代1キロ10円)です。
我が家の提示している医療費MAXを超えているので
それ以上の金額は請求しません。
体力もあり、30キロ近い大型犬の老犬のケアも出来る
そんな心が広い飼い主様がどこかに居ると信じて
募集をしますので、そのときは応援よろしくお願いします。


又ちゃん便りはまた今度。


ちょっと前になっちゃうけど、私の友人に6年前譲渡した犬と
ご実家の犬をあこさんにトレーニングして頂きました!


懐かしいなぁ。
こんなに小さかったの。そうだ一歩が居た頃だったね
DSC_0008-13_201607311020499ee.jpg

そのときの記事はこちら
http://mikanakebi.blog56.fc2.com/blog-date-20101118.html

マロンはとっても恐がり。
でもセンターの子犬犬舎ではジャイ子で弱い物いじめをしていた
内弁慶リーダーでした(笑)

聞いたこと無い音、知らない人、環境、何もかもダメ。
お悩みは吠えと散歩の引っ張り
引っ張りは怖いところ、時だけに逃げようとして引っ張ること
これってビビりの子は良くあること、自分のところの子もって思う方も居るでしょ?

ご実家のジョン(トイプ)も室内での外部音(人・犬・車)吠え
後は飼い主への噛みつきなどなど。

マロン元気そうだね~
fc2blog_201607252136055c6.jpg


ジョン君は本来人が大好き
私が怖いのは前回わかったのですぐ腹出します(笑)
fc2blog_20160725213806399.jpg

でも支配的部分が強い子みたいです。
お母さんに何度も噛んでます。マジ噛みです。

マロンは常のこんな感じで目をむきだし
息が荒く落ち着けることが出来ません。
fc2blog_20160725213812c78.jpg


携帯写真なので写真がいまいちですが
ビフォア&アフター 写真です。
fc2blog_201607252138107d4.jpg

あこさんとご家族が資料を見ながらディスカッションしていただけなのに
それだけでこんなに違いが出ました。
ご家族もびっくり。

何より私もお悩み多い散歩。
これは本当に勉強になりましたよ。
すぐに帰ったからしずくに試しました。ばっちり。
新しいご家族にもこれは早速伝授しなくては。

亜子さんのトレーニングを見ていて
すごいのは
「こんな困ったことがあったときこんな道具があります」
ってドラえもんのようにいろんな道具を出してくれるんですが、
こんな時はこれ、それ以上の子にはこれ、っと
段階踏んで、軽めの子だったらこれでいいかも
この子はこっちかな?って対応をしてくれるんですが、
たとえばその子が亜子さんから見て
「この子はそこまでひどくないのでこれでは無くこっちでも大丈夫です」
ってより優しいケアの方を勧めるんです。


トレーナーの中にはネガティブな感情を煽るような言い方をする人が居るんですよ
亜子さんはそういうの、一切無かったなぁ。
これって飼い主さんの気持ちを軽くして前向きにしてくれるんだなって
改めて感心しました。

そして涼しくて良かった、散歩のトレーニングもご一緒させて頂き
私はそのままサヨナラ~しました。
マロンのおうちでの吠え問題は見学できなかったけど
どうだったかな?

今日これから遊びに来るので
聞いていよう。
楽しみ。


あこさん勉強になりました!ありがとうございました。

管理者のみに表示する