2017-06-03 13:22 | カテゴリ:橙(だいだい)
前回の収支報告、計算が間違ってました(汗)訂正したものです。その②です→収支②

あこさんに南ちゃんを移動したときにご医療費を頂戴していたのですが(しかも多めに頂いていて)
その後、ご寄付を皆様より頂戴したので、亜子さんに医療費を返金させていただくことになりました。
その分も掲載しました。
まだ会ってないのでお返ししてないのですが、7月にお会いするので
そのときにお返しします。また報告しますね。





★新しい家族募集中です★

茶トラ3兄弟募集開始しました
 ★きいとみどりはトライアル予定です



※お申し込み前に再度募集要項など、
ミルコに関しての記事を必ず読んでからお申し込みください。

シェパードMIX『ミルコ♀』約1才


しんえもん。大型犬です。






皆さんに橙は?と聞かれまして(この間会った親友にも)

そっかすっかり忘れてた(大汗)
橙の保護主さんでもあるゴットママの優さんには連絡をしていたのですが

橙さんのことを書かねば。(注:ご機嫌の顔です)
DSC_0131_20170603130951470.jpg


ホントね、あのまま家に置いてたら死んでたと思う。

血液検査はまったく何も引っかからなかったので
最初の検査では「週末にまた連れてきてみてください」って帰されたし。
でもなんか「やばい。絶対このままじゃ死ぬ」
って思って。再度病院へ。

今度の先生は夜中の救急で駆け込んだ時に見て下さった
チビたちの命の恩人。
やはり何も血液検査に何も出なかったけど、
仕事も休めず、お願いしてそのまま検査のため預かってもらいました。
正直見た目に全然苦しそうでもないし、大丈夫なのに心配してるだけ?って思われてたと思う。

でも、飼い主のカンというか、絶対やばいって思ったのよ。
そしたら2時間もしないうちに病院から
「結構まずいです。このまま入院させますがちょっと覚悟しててください」って


おー。。。覚悟してくださいって病院に連続で言われちゃったよ(子猫で言われてたので)

それから検査検査、また検査で、
胃に液体がたまっていることが判明。
内視鏡検査をした方がいい。だけど弱ってるので麻酔で死ぬ可能性もある、と

なんか色んなことがいっぺんに起こっていたので
今となってはあんまりそのころの記憶が無いんだよね。



結局は内視鏡で胃の粘膜を接種して病理検査に回して、
全く食べてくれないので点滴で命をつないで。

みゆちゃんにも話してもらって、痛みで食べれないと。
体の痛みだよって。
胃とか腸では無い感じって。
帰りたいって言ってると


うーん。
何にしても病院で死なせるのはやなので
一口でも食べないと退院できないよって伝えてもらって。
先生に病院に居てもこのままじゃ食べないかもなので
退院させたい。点滴に毎日通えますって説得して、
でもそこら3日も退院させてもらうまでかかったけどね・・・・・

で、みゆちゃんに金子先生を紹介して頂き、
とーーーっても忙しいのに予約を入れていただき
施術をして頂きました。

金子先生の施術うまく説明できない・・・・波動調整?でいいのかな。
とにかく、とにかく!
金子先生の施術から帰ったらあれほど食べなかったご飯を食べ
11日ぶりにうんちも出たんです(涙)


※施術中の写真です



金子先生すげー。。。先生の施術を受けに沢山の犬が来ていました。
猫さんは本来してないと聞いた気がします(カフェとかでの施術なので)
でも橙さんも大人しく施術をうけてくれて金子先生が自分を癒してくれているのが
分かってるみたいで、気持ちいいのと痛みが引いていくのが心地よかったようです。
「すごい痛みだよ」って教えてくれました。



結局胃の中の液体は入院中吸収されたのか、無くなっていて、
原因は不明のままでした。
胃ではなくその奥に何か病変があるかもしれません。
病院では隠れ癌を疑っていて、金子先生もすい臓や腎臓など胃の奥の方かもと
ですが、これ以上の検査で何も分からないので、
とにかく今はいつも通りの食欲に戻り、元気に過ごしています。
  ※ご機嫌な時の顔です
DSC_0132_20170603130953a33.jpg
 

橙は体調が悪いと食べなくなり隠れるので
これからもちゃんと気にかけていかねば。

ご心配おかけした皆様、応援してくださった皆様

ありがとうございます。

元気って偉大ですね。。。。

DSC_0133_20170603130954bb3.jpg


しつこいようですが、ご機嫌な時の顔なんです(笑)


管理者のみに表示する