FC2ブログ
2018-08-14 14:08 | カテゴリ:満月凸長屋(預かり犬猫)
★本当の家族募集中です★
   ~~バナークリックで紹介ページに飛びます~~
◆◆預かり先は柏市で募集を代理している子達◆◆
※お申し込み前に再度募集要項など、
ミルコに関しての記事を必ず読んでからお申し込みください。
シェパードMIX『ミルコ♀』約1才

ねりくん⇒チャベス君と名前が変わりました
5月末現在、生後半年で20キロ
成犬時25キロ前後の大型犬予想です。





お悔やみコメントありがとうございます。
個別に返信が出来ずすみません。

お花もありがとうございます。

近所のらんさんママ
DSC00667.jpg

橙の保護主 優さん
DSC00581.jpg

Refcyの あこさん
  はっちゃんのご冥福をお祈りします
DSC00583.jpg

Sさん
DSC00666.jpg

橙の娘猫不二子ちゃんのママTさん
DSC00670.jpg

ありがとうございます。


11日土曜に夫婦で生前お世話になった体をお空に返してきました。
とってもいい天気で、美しい小さな骨を収めて帰ってきました。

DSC00668.jpg


なんか、あまり実感がわかず、悲しいとかそういう感情は無くって。。

またしてもなんか変な感覚です。
あけびの時と同じ感じ。

いないのも、死んだのも分かっているのに、あまり悲しくなくて。
で、なんか当たり前のように同じ場所にいるような。

不在を理解してるのに、存在しているように感じるような。
いや、気配を感じる、とかそういったことではまったくないんだけど、
いないの分かってるのに、居る気持ちのままで、
「そっか死んだんだな」ってふと思うことはもちろんない(理解してるから)

艶子や一歩の時は
「そっか、いないんだ」と思うたび泣けて泣けてしかたなかったけど
そういうのがほとんど無いのです。


あけびを看取った後この話をみゆちゃんにしたら、
「シータ(オスカルね)だって子猫見守り隊になってくれてんだから、あーちゃんがならん訳ないじゃない(^-^)
ずっと一緒だよ。」
って言われたんです。
まぁ保護天使的なものでしょうか。
心配だからついて間違ったことしないように見ててあげるわ、母さん

ってところでしょうか。


正直、嬉しいようなちょっとせつないような、
複雑な気持ちでした。
私のサポートをするために輪廻転生する選択をしなかったことが
申し訳なかったんです。
好きに生きて欲しいって思っていたので。

でも嬉しいけど。

橙もそうなのかぁ。
苦労した子だから、次に生まれ変わるなら
好きに生きて欲しいな。
DSC_0087-001_20180814140447af6.jpg


本当にすべてを受け入れていた孤高の猫でした。
でも甘えん坊で、おもちゃが実は大好きなお茶目な子でした。
DSC_0031_201808141404463b6.jpg


預かった子猫たちすべてのママでした。
DSC_0208_201808141404498b1.jpg


だいちゃん。またね。




ポチっとお願いします★
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

里親募集ランキング

管理者のみに表示する