FC2ブログ
2006-09-11 10:47 | カテゴリ:満月的考察
CAJAさんの日記ではもう書いたので知ってる方もいるかと思うのですが、

ふーが別の預かりさんに移動になりました。
詳しくはそちらの日記を読んでください。

私がつまらない意地を張ってふーがに辛い思いをさせてしまいました。
たった数年のボラ経験でいっちょまえな気分になり
「絶対諦めない」と意地になっていたのだと思うのです。

でも本当にふーがのことを考えれば移動が最善の方法だったと
今は思います。
ふーがも家が変って落ち着かないと思う。それは申し訳ないと思います。

CAJAの方に言われた言葉で私の力の入った肩を
「ふぅー・・。」と深呼吸と共に力を抜けさせた言葉があります。

保護犬は「逃がさないでくれて、死なせないでくれればそれで十分です」
「この子はセンターから出たというだけで、後は幸せが待っている。
私たちが絶対幸せにするんですから」


確かにそう。本当にそうですねぇ。
もしかしたらもうこの世には居なかったかもしれない命だったんだよねぇ。

私何を意地になってるんだろう。って思いました。
さすがにふーがの居ない家は寂しくって思わず名前呼びそうになるけど、
これがふーがとの別れじゃないって思いたい。


そんなこんなでなんだかこの週末はずーと本を読んでまったり過ごしました。
久々こんなに続けて読んだなぁって思うぐらい。


で、続きはほんの話。。。

あ・・その前にゆい丸の保護日記別につけてます。
「仮家生活 ~ユイマールな日々~」
正直ここのブログ使いづら・・・・い。カテゴリー変更とかすぐに反映されないし。デザインがまた・・キツイ。
私の苦手な可愛いキャラクターもの系しかないんだもん(涙)

まぁいいや。続きの話をどうぞ。

東野圭吾の「加賀シリーズ」

今新刊が出てるけど、知ってます?

実は私・・東野さんあまり面白いと思わなくって読んでなかったの。
でも「容疑者X」を読んで激しく感動して、
「容疑者X」は私の人生ベスト10に入るほどでした。

で、読むからにはちゃんと発行順に読みたい!って思い
旦那の会社の方から一気に東野作品をたくさん借りて、

金曜から読みつづけたんだけど、

まずは  
加賀刑事学生時代の事件。
出だしとしてはかなり面白かった。。
今までなんで買わなかったか? 
表紙がイマイチで購買意欲が出なかったと思われる。


でもって  

これ・・これで私は東野作品・・というより加賀刑事に惚れた。。
刑事に惚れるのは高村作品の合田刑事以来よマジデ。 
でも私はプリマドンナじゃないのね(←読んだ人だけわかるのよ)

で、もう惚れちゃったら止まらないのが私。
運良く旦那と冷たい戦争中だったから部屋にこもって読みつづけたのだ。


次の作品は 

実はこれがずーと読んでみたかった。
この作品犯人の名前が出てこない。最後まで出てこない!
読んで自分で考えろ!的な作品なの。
もちろんちゃんと読めば犯人が解るようにはなってるけど。
しかも!文庫化にあたり1番のヒントの一文を削除して
難解度をUP!UP!させたのそうだ。

で、結局「多分こいつが犯人だろうなぁ・・」的な
はっきりしないイライラが私を襲い、ブログ仲間に緊急でメールした次第。

はぁーすっきりした。うんこブリブリって感じ。

今は次の 

今半分ぐらい読んだかな。

金曜から怒涛のように読んで。しかも合間に漫画も16冊読んで
私の現実逃避はまだまだ続く。。


新刊の 
これにたどり着くまで読みつづけます!

そうそう。
この「赤い指」初版の表紙なんだけど。
買った人は分かると思うけど特殊な変った素材を手の絵の部分に使ってるの
光が出るような、プラ系の素材。
で初版はちょうど折込部分にこの素材がきて、
ボロボロになるらしいよ。
後から気になる人が居たら変えてくださいと出版社から新しい表紙が来たんですが、まぁ気にならないのか変えてくれって人は出てません。

つうか知らないんだろうねぇ代えてくれるって。
もし気になってる人が居たら買った店に行けばたぶん表紙もらえますよ。
まぁあればの話です。保証はしません。

さぁ、続き読もうっと。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://mikanakebi.blog56.fc2.com/tb.php/36-866b9de4