FC2ブログ
2008-09-22 10:21 | カテゴリ:満月凸長屋(預かり犬猫)
はなまるマーケットで菊池の桃子ちゃんが薄いピンクの
なんともアイドルっぽいワンピーズで出ていた。

でもなんで桃子ちゃんが着るとおかしくないんだろう・・・・薄ピンクで袖はチューリップタイプだよ?

私が着たら絶対「無視してるなぁ・・・」って感じになるな、
もしくは「ハム?」って感じ。



いつもお世話になってる鬼軍曹遊子さまが
素晴らしいプロファイルを披露している。

その記事はこちら 
http://newcaja3k.blog92.fc2.com/blog-entry-408.html
カヤっこチャイのことだ。



素晴らしい。かなりのプロファイル。
今の日本に犬飼はほとんどこのタイプだろう。

この間センターに行った友人達の記事にはセンターの譲渡会でもらわれていった子犬が
数ヶ月後ガリガリで飼い主自ら持ち込んだ
「子供が飽きたから」

それを酷いことだと思わない親を持つ子供がどれだけ不幸か皆さんお分かりか?
そいつの子供も成長過程に正してくれるような友人や大人に出会わない限り
同じことをする親になるってことだ。




私も無い脳みそを使ってさだはるの送ってきた生活をプロファイルしてみよう。


飼い主はフィラリア予防という犬を飼う上で必要な基本的な知識は無いながらも
さだを可愛がり、そしてしつけもきちんとしていた。

主にさだを可愛がっていたのは女性だろう。

名前はカワイイ横文字系「チョコ」とか「クウ」とか「マロン」とか
間違っても「五右衛門」とか「武蔵」とか「さだはる」なんて感じではない。


     この体制から持ち上げると唸りから噛みに転じること有り
RIMG0007-10.jpg


その女性には彼氏らしいたまに来る男が居る。


男は良く言えば亭主関白

悪く言えばDVぎみで気にくわないと手が出るタイプ
男に可愛がって欲しくてさだをしっかりしつけた感じ。


さだは可愛がられて静かに暮らしていた。

それぞれの季節を3~4回過ごしていたある日。


女性に乱暴した男性に吼えかかった。


怒った男性がさだはるをすごい力で押さえつけた。


     いっちょまえに要求吼えも多々あり。





恐怖を感じパニックになったさだはるは力一杯何度も男性に噛みついた。


ケガを負った男はさだを捨てろと女性に詰め寄る。

女性は犬歯を削るなどして男性に許しを請うが許されず、

さだはセンターへ収容される。



さだは自分が捨てられたことを知る。



そして・・・・人間不信になったまま我が家へやってくる。



         慣らし中







さて、


信じるも信じないもあなた次第(笑)なんつって







さだはるは我が家に来て驚く



「ココでは母さまが強い。。。。。そんなこともあるのか・・・」
RIMG0021-5_20080922101002.jpg




あるんです(カビラ風)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://mikanakebi.blog56.fc2.com/tb.php/640-2b4688c4